iOS

iOS 12.1.2で1回目のビルド番号16C101から2回目の16C104にアップデートする方法

投稿日:

Pocket

先日アップデートされたiOS12.1.2

このアップデート、実は2回配信されている。なんのこっちゃ?という方はこちらの記事も合わせて読んでほしい。

その2回のうち1回目のみのアップデートをしている場合、2回目のものにアップデート出来ないと悩んでいる人がいたのでその方法をご紹介します。

ビルド番号が違う

1回目と2回目ではビルド番号が違うとのこと。ただ具体的な変更内容は不明である。

ただこの2回の配信があるとちょっときになる。iOS12.1.3が出てしまえば別に問題はないが今ちょっときになるという人はこれを参考にしてもらえればと思う。

 

対象とアップデート日時を確認

日本時間2018年12月18日未明にAppleはiOS 12.1.2をリリース。この時点でビルドバージョン「16C101」。そしてその3日後の2018年12月21日に、iOS 12.1.2のバージョンが「16C104」と、ビルド番号(ビルドバージョン)が異なるバージョンをリリース。

そのiOS 12.1.2の12月18日リリースの旧ビルドバージョン「16C101」から、21日にリリースされた「16C104」にはアップデートができないと思われていた。

実際にiOS 12.1.2ビルド「16C101」のiPhoneで、設定>一般>ソフトウェア・アップデートと進んでも「iOS 12.1.2 お使いのソフトウェアは最新です。」と表示されてしまう。

 

iTunesでアップデートする方法

上記のように早々アップデートしてしまった人でも最新にアップデートすることができる。

iTunesでアップデートができる。

大したことない。ただ「16C101」のiPhoneをiTunesに繋げるとアップデートが促される。そこで「ダウンロードしてアップデート」するをすればOK。

これで「16C101」から、21日にリリースされた「16C104」に変えることができる。

いつアップデートしたかなんか覚えてないよ〜。

って人もiTunesに繋げてみればわかるので試してみてほしい。

 

さいごに

何が変わったのかは未だ不明。

でも3日でビルド番号が変わるという異例のアップデート。きっと何か重要なことがあるのではと思ってしまう。

ちなみに私も「16C104」に変えましたが、何が変わったかさっぱりわからない・・。

気になる人はお試しを。



-iOS
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

iOS12 充電やSMSの不具合を解消 iOSデバイスほぼ50%がインストール

新型iPhone(iPhone XS, iPhoneXS Max, iPhone XR)の発表に合わせて発表されたiOSのアップデート。 以前のブログで少し触れたけど充電の減りが早い?など意見があるの …

iOS12.1.1でもバッテリー消費不具合は改善されず?バッテリー長持ちさせるには?iOS12の今までのまとめ

先日iOS12.1.1がアップされた。iOS 12 → iOS12.0.1 → iOS12.1と にアップデートされてきたが、「バッテリーの消費が早い」という不具合があった課題について未だ解決はされて …

iOS12.1.1提供開始!不具合改善したことと今回の不具合情報

Appleは12月5日 (現地時間)、iOS 12のアップデート「iOS 12.1.1」の提供を開始した。 問題の修正とパフォーマンスの改善を主な目的に、いくつかの新機能を追加する。 iOS12.1か …

iOS 12.4を提供開始 ついに!iPhone間で直接データ転送が簡単に!

アップルは、iOS 12.4を提供開始した。今回の大きな目玉は「iPhone間の直接データ移行」古いiPhoneから新しいiPhoneにデータを直接転送が簡単になる。また、iPhoneとiPadのセキ …

iOS 12をやめたい!iOS 12からiOS 11にダウングレードする方法

未だ不具合の声が絶えないiOS12。アップグレードしたはいいけどバッテリーがなくなる、バグがあるなどなど。 iOS12.1.2にアップデートしてから徐々にバッテリーの容量や、モバイル通信につながらない …


プロフィール

 

プロフィール

管理人のKENKAWAです。
普段はマーケティングの仕事をしてます。
好きなApple、iOS、Mac、iPhone関連を中心に、
これは!と思った言いたいこと、残したいこと、
役に立ちそうなことをあげていきます。