Windows

Windows 10アップデート 配信一時中止 「ファイルが勝手に削除された」など苦情殺到

投稿日:2018-10-10 更新日:

Pocket

10月6日、マイクロソフトは一部ユーザーからの報告を受けて、Windows 10の大型アップデート「October 2018 Update」(バージョン1809)配信を一時停止したことを発表した。

 

米国マイクロソフトは10月6日、秋の大型アップデート「Windows 10 October 2018 Update(バージョン1809)」の提供を中断した。

バージョン1809の提供は米国時間10月2日に始まったばかり。

 

 

苦情が相次ぐ、原因は?

ソフトの公式フォーラムなど様々なコミュニティで「ドキュメントフォルダ内のファイルが勝手に削除された」といった苦情が相次いだ。

中断の原因は不具合によるもの。アップデートを適用した一部のユーザーから「ファイルが消失した」との指摘が相次いだため。

今のところ問題のアップデートは、Windows Update経由で自動配信されていない。

アップデートしたユーザーは、マイクロソフト公式サイトから手動でダウンロードおよびインストールした人に限られている。

 

どのような現象か

不具合のなかで最も問題視されているのは、「C:/Users/[username]/Documents/フォルダ」(ドキュメントフォルダ)内のファイルが削除されてしまったという報告。

マイクロソフトのコミュニティサイトには「23年分のデータが消失した」という声も。消えたファイルを復旧させる方法は見つかっていない。

 

この問題を受けて

・削除されたファイルの復旧を約束する趣旨の内容をTwitterで発表

・該当するユーザーはマイクロソフトのサポート窓口まで連絡するよう呼びかけている

 

結構大ごとじゃない、これは・・

万が一削除されてしまったファイルがある場合、バックアップがない限り復元は難しそうな印象。

怖!

 

ネットの声

復活技術でも完全なのかな・・これ仕事とかでデータが戻らなかったら結構シャレにならない。

 

SSDも普及してきている。こういう影響はこれから広がるかも。

 

大げさに聞こえるけど、パソコンというものが普及してからこんな大きなニュースは本当に今までで初めてかも。

 

 

まずはWindowsがアップロードしてしまったかどうか確認するのが懸命。

 

 

Windows 10アップデートの実行・確認方法

現在Windows 10が最新版にアップデートされているかを確認する方法。

Windows 10がすでにインストールされているコンピューターであれば、初期設定では自動アップデートが有効に設定されています。

初期設定を無効にしないかぎり自動的に最新アップデートが適用されているはずなのでまずはシステムが最新の状態になっているのかを確認してください。

 

 

さいごに

今急ピッチで修正版の用意は進められていると思われるけど配信の時期は今日現在未定。

手動でアップデートをインストールした人はアップデートを適用せず、発表を待つ方が懸命でしょう。

まだ急なニュースで情報も少ないですがまた何かわかったら書いていきます。

ご注意を!

 



-Windows
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

関連記事はありませんでした


プロフィール

 

プロフィール

管理人のKENKAWAです。
普段はマーケティングの仕事をしてます。
好きなApple、iOS、Mac、iPhone関連を中心に、
これは!と思った言いたいこと、残したいこと、
役に立ちそうなことをあげていきます。